FC2ブログ
手打ちうどん屋店主のつぶやき
自家製小麦のうどん作り
お祭り
地元の祭りが22.23日にあった。
今年は若連会長とお囃子保存会会長が重なって
とにかく多忙だった。
地区の自治会が祭り企画に参加、
花火、太鼓、お囃子、おどり、例年にない企画になった。
地元若連メンバーは、祭りのあらゆる部分に必要で、
十分若連の活動ができない状況。
それだけに、自治会が参加はありがたかったが、
実質的には人材不足だった。
盛り上げる企画は非常に評価したい。
ただいろいろ反省点もあると思うので、
今後さらにいい方向へ進めればいいと思う。
3地区お囃子競演が30年ぶりに行われると
地元紙に掲載されて、
地元から出た人がわざわざ来てくれたと
声をかけてくれた。
すごく懐かしいととても喜んでくれたのは、
うれしかった。
なにより、人が喜ぶ顔、声がうれしい。





スポンサーサイト



北高LIVE
私が代表になっているゴスペルを歌う会で
高校の文化祭でLIVEを行った。
この高校は難民支援活動を伝統的に継続して行っておりすばらしい
この活動がきっかけとなりかつてVOJAと言うグループが
この高校の文化祭にやってきた。
それが今日大町文化会館で毎年行われるようになった
ゴスペルフェスティバルのルーツ。
私たちのゴスペルを歌う会の指導はVOJAのリーダーの倉地さん
そういう縁で、文化祭に声がかかった。
参加者は皆大いに楽しんだ。
高校生たちとも、支援活動のテーマ曲である
we are the world を一緒に歌った。
高校の文化祭へ地域の大人たちが参加するのは珍しいと思う。
そういう意味でも有意義な一日であった。