手打ちうどん屋店主のつぶやき
自家製小麦のうどん作り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わっぱらの湯
4/1よりわっぱらの湯(旧市民浴場)を「大町元気本舗」という任意団体を作って、指定管理を始めた。
指定管理は、市でも始まったばっかりで、まだ手探りの様子だ。
おかげで、協議の中や資料にいろいろな不具合が出てくる。
経営の引継ぎに難しい問題がたくさんるあるのに、
十分市側の準備ができていないと感じることも多い。
ある意味事業者の善意と譲歩に依存している感じもある。
批判ばかりしていても仕方ないので、
前向きに進めるようにしてきたが、
何とか4/1にOPENできた。

私はあくまでも副理事という立場で、
ボランティア的お手伝いの立場であるが、
いろいろ気になることも多い。

運営を始めると、市の作ったものはとてもやりにくいことが多い。
指定管理というものの枠組みで運営していくことが
いかに窮屈なことかもわかった。
ようは運営するのに、資金をしっかり稼がなければいけないのだが、
それを制限される部分も多い。

NPOか会社など様々な団体がかかわって、様々な考え方で企画をして
市民に利用をしてもらおうとみんなで考えている。

ようは市民が気楽に使いやすい施設にならなければ、
私たちが指定管理者になった意味がない。

市にお願いしたいのは、
これを機にもっとしっかり指定管理について研究してもらって
厄介な問題はなんでも、指定管理業者に責任丸投げの体制にしないでほしい。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://miasasizuka.blog54.fc2.com/tb.php/37-0f671c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。