手打ちうどん屋店主のつぶやき
自家製小麦のうどん作り
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自律支援学校の課題
今年も盲学校の評議員になり評議員会があった。
民主党政権になって障害者教育にもいくらか影響が出てきそうだと言う。
例えば、障害者差別をなくそうという動き。
確かに差別をなくすことは大切だが、
その結果で自律支援学校のあり方に必ずしもいい方向がでない場合もあると思った。
つまり通常の学校に障害者生徒をみんな通わせそうという動き。
確かにかつて隔離教育にも感じられた自律支援学校だが、
だからといって今すぐ理想通り通常の学校ですべての障害者が満足いく教育を受けられるかというと、
まず難しい。
専門的な指導を受けられることで、個性的な障害者の能力が高められるということは、
とても多い。
この教育の現場に専門的指導ができる先生がどれほどいるか?
とても問題。

この世の中、理想的と現実にはギャップがありすぎて、
急激な変化変革は難しいところも多い。
とにかく専門的な技術、技術者を少しでも多く育ててほしいし、
地域に送り出してほしい。
そしていつか地域で差別区別なくみんなが教育を受けられる学校ができることを望みます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://miasasizuka.blog54.fc2.com/tb.php/79-69511477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。